失敗しない経営のすすめ

歯科医院のそれぞれの経営ステージ

投稿日:

歯科医院もそれぞれのステージがあります。

 

これまで150件ほどの歯科経営支援を通じて、見えてきた歯科医院の経営ステージ。

  

私が定義するそのステージは・・・

 

開院期→収益性
(集患やお金)
成長期→運営管理
(内部の仕組みや業務の流れなどの運営管理)
安定期→組織化
(大きくなる歯科医院と共に企業と同様に組織へ)

 

といったステージです。

 

 

開院期

開院期といっても開院後数年は新患・集患対策やお金の心配がつきもの・・・
医療といえど、とにかく生活基盤を確保しない限り
自分たちの生活もままならない状況。

 

年間売上4,000万~8,000万円までは
まずこのステージにいるイメージです。
当然、これより少ない年商である歯科医院の先生も同じです。

 

もし、開院後10数年経っていて
この年間売上高を超えていないのならば新患の増え幅が伸びていなかったり、
収益に関わる色々な問題がある状態。
さらには早く改善して抜け出さないとなかなか事業資金は潤沢にならないまま・・・

 

ここを脱するためには

 

 「現状を知り、目標設定を明確にすること」

そうすることで、がむしゃらに走りながらも
どこを走ると先が見えて、どの先に対して自分が走っているか
明確な状態で歯科医院の運営ができる訳です。

 

 そして、

 私が定義する「成長期」は
売上イメージでいうと
年間売上高1億円を超えたぐらいです。

 

歯科医院の年間売上高1億円といえば・・・
6万8,000件ほどある開業歯科医院の
上位3〜5%ぐらいのわずかな数の開業歯科医院の売上規模となります。

業界的な平均売上高が(地域にもよりですが)
大体4,000万円ぐらいであるので・・・
そもそも1億を超える歯科医院総件数が少ないのでは?
と思われます。

でも、実は年間売上高1億円を超えないと
本当の意味での資金余力が出ないのです。

 

例えば・・・子供が大学(特に私立の医学部・歯学部など)にいく
・・・さらには2人、3人大学にいくとなると・・・
例えば・・・友達が大きな新築住宅を購入したから自分も・・・
例えば・・・あれやこれや生活水準とともに欲しいものが出てくる
例えば・・・60、70歳を超えて来た時の老後の余裕の資金・・・
そして・・・税金の負担は多く感じませんか?

 

でもでも、
『あの先生は売上そんなにないけど、とてもいい生活しているよ』
と聞こえて来そうです。

そのカラクリはまたの機会にお教えしますが、
考えれば考えるほど、
お金はいくらあっても足らないぐらいなのです。

  

そうなると、自院の年間売上高は
やはり「ある程度」必要になって来ます。

 では、その「ある程度」というのは
どのくらいなのか?!?

 

それは、1億円を超えてくることで
資金に余力が出てくる訳です。

 

その具体的な理由は

歯科支援のアライアンス先でもあり、仲間の先生でもある歯科医院専門税理士/税理士法人キャスダックの山下剛史先生も
1月に発売した書籍「1億円医院の設計図」にも書いてあります。

 

 

1億円医院の設計図

今すぐ購入

※お金が残る歯科医院を作る法則

先にもお伝えしたように、
数多くの歯科医院さんを支援してきて
一番資金繰りが悪い時期が、
実は6,000万円から8,000万円ぐらいの
売上高の歯科医院だったりします。

 

なぜだか分かりますか?

 

続きはセミナーで、お伝えしたいと思います。

 

セミナー情報

下記のサイトから最新の情報をご確認ください。

経営セミナーはこちらから

マーケティングセミナーはこちらから

-失敗しない経営のすすめ

Copyright© dental-creative , 2019 All Rights Reserved.